logo.gifcompany_copy.gif

HOME > MESSEGE_MORE

貿易を学んで 起業

夢を見る、ということは 時に残酷な現実と向き合うことでもあります。ボクは自分の音楽がいつかは認められるんだと思っていました。だって大きなコンテストで優勝したり、大手のレコード・メーカーと契約してデビュー準備に入っていたんですから。たとえヒットすることがなくても、最低限メジャーデビューぐらいは出来るだろうと。誰だって思いますよね?契約書だって交わしてるんだし— 契約書というものが、強いもののためにあることを理解するまでにずいぶん時間と労力をムダにしました。音楽で成功するまでだ、と軽い気持ちで始めたトラック・ドライバーの仕事がいつのまにか本業になり「これはマズイ」と気がついたのは世の中が不景気になり、どんどん仕事が過酷になって身動きがとれなくなってから。「顔なじみの悪魔と暮らす」というアメリカのことわざがありますが、危険だと思っていても人はなかなか次の行動を起こせない。めんどくさいし、お金もないし、時間もない。ぬるま湯からゆっくりと温められて気がついた時には地獄の釜でゆでられているんです。お先真っ暗、未来が見えない。音楽も休業、というか今日のお金に追われて音楽どころじゃない。
普通はここで ジ・エンド。ボクがラッキーだったのは、このもうちょっとで谷底に落ちる崖っぷちのところで「貿易を教えてくれるスクール」に出会ったことですね。

輸入総代理ビジネス、という今のボクのビジネススタイルを教わったことで、「人と人が血で血を洗う激しいレッド・オーシャン市場のビジネスでもなく、人に気づかれるまでの自分だけいい思いが出来るブルー・オーシャンな市場ビジネスでもなく。お互いの権利がキチンと守られた上で、相互協力することでみんなが幸せになる究極のWin-Win ビジネス」エメラルドグリーンの海に抱かれゆったりと手足を伸ばしながら「つかみ取る、仕掛ける、騙す」ような浅ましい考えではなく、「選ばれる、多くの人に喜んでもらえる」ビジネスを確立できました☆
「輸入総代理ビジネス」ボクはこのビジネスに出会った時、衝撃を受けました。そしてすぐ、未来への不安からいつか起業しようと貯めはじめていた虎の子の事業資金積み立てを切り崩し、ボクにとっては大金を払って その「貿易スクールに入学。ビジネスを学んだのです。

高機能 おしゃれ松葉杖の輸入総代理を獲得。起業

輸入総代理とは、海外の素晴らしいモノやサービスを見つけてきてメーカーと交渉。契約して“日本の窓口は君に任せるよ”って約束してもらって日本に輸入。国内のさまざまな方々の協力を得て市場に流通させ、世の中がもっと便利に。明るく楽しくなるように活動していくビジネスです。貿易スクールに入って結構必死に頑張ったんですけど、海外メーカーの代表者がそう簡単に独占的販売権の輸入総代理をくれるわけもなく。一時は交渉決裂し、あきらめかけたこともありましたが4か月目に総代理を獲得。これをきっかけに起業独立することが出来たわけです。ボクが獲得したのは、高機能・カラフル・スタイリッシュな おしゃれ松葉杖 Smart Crutch(スマート・クラッチ)

この商品を初めて見た時は、うわー カラフル、おしゃれ。カッコいい、って思いましたね。日本にもカラフルな杖は普及してますけど、このユニークなフォルムと、足が不自由じゃなくても思わず使ってみたくなるカッコよさに「これだ!」と思いました。腕で支える ロフストン・クラッチ タイプの杖をさらに改良し、腕の角度をつけられるので手だけで支えるのではなく広い腕の面積に負荷を逃がす。これにより、今までの6分の1の負荷になるので使ってみてとーってもラクなんです^^
ボクは「ショーシャンクの空に」っていう映画が大好きで、もう何回見たかわかりません。あの映画がもつ、困難な中でもけして離さない「希望」が好きなんです。だからボクは自分の音楽もビジネスも「希望」がテーマです。

「差別や偏見のない楽しい世界の創造」と、世界中の人の心に「希望」の種を植えること。世の中の人たちが希望の持てる生活ができるような、音楽や商品やサービスを提供していきたいんです。

どんな状況の、どんな立場にある人にもワクワクする希望を届ける。ビジネスと音楽で。だから、この商品にもそういう良質の「希望」を感じ、取り扱いが決まった時には本当に嬉しかったです。そして、こういうイラストのイメージが湧きました。


naka.png

ボクの知り合いのイラストレーターさん2人に同じテーマでボクの頭の中のイメージを形にしていただきました。「音楽とビジネスの融合」を目指している 会社。それが(株)ジーニアス インターナショナル です☆

バンドマンであり、ビジネスマン。アートする心を忘れない音楽とビジネスの融合を目指す会社。ロックンロール社長 池松 kaz のシャウトしている会社。それが(株)ジーニアス インターナショナル。ボクはこの会社を通じて 世の中をワクワクドキドキさせたいんです。

 


smart_crutch_banner.gif高機能でスタイリッシュな松葉杖

lilynily-kuma-chan.jpgニューヨーク子供アクセサリー